スムーズな国保連とのつながりのために利用される伝送ソフト

介護師

ソフトの種類と価格

国保連伝送ソフトの価格について。

国保連伝送ソフトは煩雑な手続きや計算を要する介護費用などを、速やかに計算して国保連に伝送できるソフトのことです。国保連伝送ソフトにはパッケージ型とASP型とがあります。パッケージ型の場合は導入時に諸費用を一括して支払うため、導入時のコストがかかりますが毎月のコストは発生しません。反対にASP型の場合は初期費用はかかりませんが、毎月の使用料金がかかります。パッケージ型の場合には長期間使用する場合や規模の大きい会社が使用する場合には、毎月の使用料金コストが削減できるために導入した費用のもとが取れることになりますが、短期間での使用や立ち上げたばかりの小規模の会社の場合には、ASP型のほうが総額が安くて済みます。ちなみにパッケージ型の場合には平均的な伝送ソフトの場合、導入コストと保守料を含めて約32万円ほどかかります。それに対しASP型の場合は毎月の使用料金が2万5千円ほどになります。

大手メーカーソフトの特徴について。

ところで国保連伝送ソフトを使用する場合には、個人情報などを取り扱うことから信頼のおけるソフトを使用する必要があります。介護ソフトなどを取り扱っている人気の大手メーカーの場合には、それぞれの特徴があります。まずセキュリティー面で安全性が高く信頼されているということです。次に24時間365日対応できるなど、サポート体制が整っています。そして常に機能性向上に努めていて使い勝手がよく、導入実績と歴史があるということです。これら大手のメーカーではパッケージ型もASP型も販売されていますが、特に大規模で機能性の高いパッケージ型の国保連伝送ソフトを開発して評価を高めてきたことが、導入実績と人気を上げてきた理由に挙げられます。そこから小規模の会社でも省コストで使用できるASP型を開発し、これらの国保連伝送ソフトの導入実績と人気を上げてきているのです。

Menu